すべての記事へ戻る

デジタルの未来に向けてビジネスを準備する方法


デジタルトランスフォーメーションとワークプレイスの未来

デジタルの嵐が吹き荒れ、デジタルトランスフォーメーションは今、かつてないほど急速に進行しています。私生活や仕事は、新しいデバイスやテクノロジーによって日々デジタル化し、日常生活や仕事のやり方が変わってきています。新たなハイブリッドワークモデルによって、昔ながらのオフィスでの仕事の概念が置き換わります。時代遅れのテクノロジーは、モダンでスマートなバージョンにアップグレードされます。

新しい仕事の概念へのこの傾向は、職場に対する期待も変化させます。従業員は現代的な職場環境と、最終的には仕事をよりスマートに、より速く、より効率的にする新しいテクノロジーを試すのに十分な偏見のないビジネスマインドセットを期待しています。

特にIoT技術は、企業世界のスマートオートメーションとデジタル化の流れを加速させています。雇用主は、最先端のテクノロジーを活用し、従業員に現代的な職場環境をどのように保証できるのでしょうか?オフィス空間を現代的にする際に注目すべき技術トレンドは何なのでしょうか ?

このブログ記事では、オフィスをスマートでデジタルで、より繋がりやすいワークスペースに変えるのに重要な役割を果たすと思われるスマートテクノロジーについて詳しく説明します。スマートオフィスがビジネスにもたらす利点を理解し、デジタル化が進む未来において、雇用市場で魅力的なプレーヤーとして企業を確立する方法を学んでください。

現代的で技術的なフレームワークの導入

未来のデジタル技術をオフィスに導入する際には、まず技術的なフレームワークを適切に整える必要があります。部門やフロアを越えてデバイス同士を接続する場合、高速で安定したワイヤレス接続が不可欠です。

無線インターネット接続はもはや常識かもしれませんが、接続は希望通りの速さでしょうか?従業員が敷地内を移動しても、デバイスが常にネットワークに接続されるように、十分なアクセスポイントを設置していますか?

アップグレードを久しくしていない場合は、エリアで現在利用できる帯域幅を分析し、実際に使用している帯域幅と比較することをお勧めします。あなたの地域では、高速のデータ回線(光ファイバーインターネット接続)が利用できますか?その場合、利用可能な帯域幅をすでに十分活用していますか?

大容量ネットワークへのアクセスは、インターネット接続の高速化をもたらし、日々の業務を遂行する上で絶対的に重要です。また、IoTデバイスのような新しいテクノロジーをビジネスに導入する道も開けます。会社でIoT使用のメリットを活かしたいのであれば、IoTの適切な機能を実現するために、永続的なデジタルアクセスを保証する安定的で包括的な無線接続が必要であることを理解することが重要です。

最新鋭の設備で柔軟性を保証

新型コロナウイルスの大流行により、新しいリモートワークやハイブリッドワークモデルの導入が求められています。自宅や世界中のあらゆる場所で働くこれらの新しい働き方はこれからも続き、従業員は将来、潜在的な雇用主にこの新しい柔軟性を期待することになります。

特に若い労働者はもはや、ノートパソコンやスマートフォンなどの最新デバイスや在宅勤務の選択肢を、管理職だけが保有する希少な贅沢品だとは見ていません。最新の業務用機器は新しい標準とみなされ、お勤めの企業が最新のテクノロジーを取り入れていることを示すものです。

もしお勤めの企業が、互換性のない旧式のかさばる機器しか提供できないのであれば、これらの機器が本当に今の10年を象徴しているのか、考え直す必要があります。ノートパソコン、Surface、タブレット、スマートフォンなどの携帯用デバイスは、据え置き型デバイスよりも実用的であるだけでなく、従業員に柔軟性を与え、不測の外部事象に備えてビジネスの継続性を確保できます。

ノートパソコン用のドッキングステーションによって、従業員が自宅とオフィスでノートパソコンを使えるため、リモートとオフィスで2種類のデバイスを用意する必要はありません。対面式の会議にも持ち込むことができ、Beamerやスマートテレビなど、他のデバイスを接続することも可能です。

リモートデスクトップソフトウェア – 高速なVPNの代替

リモートワークがもはやただのトレンドではないため、企業は、従業員が自宅からワークステーションに速く簡単に長距離リモートアクセスできるように、自社のソフトウェアソリューションを適応させる必要があります。多くの企業は、VPNを使用して在宅勤務の従業員をオフィスのサーバーに接続しています。しかし、VPN接続は非常に遅く、従業員が迅速にタスクを完了するのを妨げる場合もあります。

最新の信頼性が高いリモートデスクトップソフトウェアは、軍用グレードのセキュリティに基づくエンドツーエンドの暗号化によって安全なだけでなく、比類のないスピードも搭載し、デバイスへのアクセスとデータ転送を瞬時に可能にするので、素晴らしいVPN代替手段となります。この適切なツールは、権限プロファイル、カスタムクライアント、または2ファクタ認証などのカスタマイズ可能なセキュリティ設定が付属しており、セキュリティの追加のレイヤーを作成します。

もし、従業員に提供するツールが、スピードや安定性を落とすことなく、より柔軟に対応できるようにするものであれば、リモートワークが苦痛になることはありません。高フレームレートの優れたリモートデスクトップソリューションは、他のデバイスにアクセスする際にスムーズな画面体験を実現します。また、最新のリモートデスクトップツールに切り替えると高度なIT管理が可能になるため、ITチームが従業員にリモートサポートを提供する際にも役に立ちます。

リモートワーカーとワークステーションの接続に、現在どのようなタイプの接続を使用しているかを再検討してください。既存のITインフラに簡単に統合できる新しい最先端のリモートテクノロジーは、より速く、より安全なワークステーションへのアクセス機会を可能にしています。まだVPN技術を使用している場合は、これが本当に正しい選択であるかどうかを再考してください。高性能のリモートデスクトップソフトウェアは、特にプラットフォームに依存しないアクセスを可能にするモバイルデバイスマネジメントオプションを搭載している場合、理想的なリモートワークの選択肢となり得ます。

最新のパーソナライズされたワークスペースを実現するIoTの導入

スマートホームを考える際に、IoTはすでに大きなトレンドになっています。外出先からモバイル端末で暖房を調節したり、ソファでくつろぎながら携帯電話で照明をなんとなく暗くしたりと、これらは今日のIoT技術が実現した便利な機能のほんの一部に過ぎません。家やマンションがスマートホームに変えられるなら、なぜ従来のワークスペースもスマートオフィスに変えないのでしょう?

例えば、スマートセンサーは、デバイスや照明の電源を自動的にオンオフすることで、ビジネスのエネルギーコストを削減できます。オフィスにスマートデータ分析ツールを導入して接続すれば、IoT技術によってオフィス内の環境や湿度レベルをリモートで監視・調整し、従業員の個人的なニーズに対応も可能です。

デジタルサイネージなどのビジュアルガジェットは、オフィス環境にモダンな雰囲気を作り出し、会社の最新ニュースや会議室が現在予約済みか空いているかなどのデジタルルーム情報を表示できます。これらのサイネージのコンテンツは、あらゆるデバイスからデジタルかつリモートで管理でき、会議室の予約状況をリアルタイムで更新することも可能です。

オフィスのデバイス同士を接続して、グレースタンダードのブース体験を超えたワークスペースを構築します。スマートフォンによるパーソナライズされた部屋の調整、最新機器、リモートでアクセス・操作可能なスマートデバイスは、未来のものです。お勤めの企業はデジタルアップグレードの準備ができていますか、それともまだ過去を生きていますか?

奪われるもの

企業をデジタルの未来に備えたいのであれば、IoT などの新しいテクノロジーに投資し、職場の変化を歓迎する必要があります。保守的なオフィス運営を先進的な思考に置き換えなければ、デジタル変革の競争から取り残され、その過程で貴重な時間と資金を失う危険性があります。

デジタル化の未来に向けて組織を調整することは、ワークフローの最適化、最新のハードウェアとソフトウェアの提供、そして古い習慣を捨て、競合他社に追い越されないようにすることを意味します。「これまでそうしてきたのだから、正しいはずだ」というモットーから解放されましょう。常にやってきた方法だからと言って、その方法が今でもあなたの会社にとって最適で最も収益性の高い方法であるとは限りません。

ハイブリッドワークのような新しい仕事の概念を試すことに偏見を持たないようにしましょう。リモートワークは生産性を脅かすものではなく、従業員が適切なツールを身につければ、雇用市場でより魅力的なプレーヤーとなり、従業員のワークライフバランスに貢献するチャンスとなるのです。

デジタルトランスフォーメーションを無視することは、最終的には将来の新しいテクノロジーを導入するよりも、ビジネスに大きな損失をもたらします。明日のテクノロジーを導入する土台を築くために、今、技術インフラの適切なアップグレードにお金と時間を投資してください。

デジタルの未来に向けたビジネスの準備のためにフレキシブルなリモートデスクトップソリューションをお探しですか?AnyDeskで無料お試しを今から始めて、リモートワーク、リモートサポート、リモートコラボレーション、リモートアクセス・アンド・コントロールの新しい可能性を発見してください。

ニュースやヒントなどの情報をお届けします