すべての記事へ戻る

AnyDesk Wake-on-LANでデバイスをリモートで目覚めさせる


Wake-on-LANの仕組みと使用場面

2022年4月に行われた海外の回答者1,200人の回答を反映したStatistaのアンケート調査により、調査参加者の60%が現在もリモートで仕事をしていることが明らかになりました。この60%のうち、半数は完全にリモートで仕事をすることになると予想しています。将来的には、42%の回答者が、少なくともハイブリッド型ワークモデルで、リモートワークが仕事上の不可欠な要素になると考えています。

オフィス以外の場所で完全に勤務する人が増えている中、リモートテクノロジーにより、オフィス環境から自宅や世界中のあらゆる場所への移行が簡単になりました。多くの企業では、すでに古典的なVPNの高速な代替手段としてリモートアクセスを使用しており、スタッフはハイエンドマシンをオフィスに残し、特に、ライセンス数が制限された高価なエンタープライズグレードのソフトウェアを保持している場合は、自宅のデバイスを使って快適に仕事のコンピュータにアクセスできます。

リモートアクセスソフトウェアでは、職場におけるデバイスの使用方法を再定義する多くの素晴らしい機能が使用できるため、企業や従業員向けのリモートアクセスのオプションは多様化しています。たとえば、Wake-on-LAN(WoL)は、プロフェッショナルなリモートデスクトップソリューションに不可欠な機能であり、デバイスが主に勤務時間外にメンテナンスや更新が行われるリモートサポートの分野では特に重要な機能です。

このブログでは、Wake-on-LANとは何か、どのような仕組みなのか、事前に調整する必要がある設定は何か、リモートワークやリモートサポート環境でどのように使用すれば、少しでも楽になるのか、について説明します。

Wake-on-Lanとは?またその仕組みは?

コンピュータの前に座ることなく、別のコンピュータの電源を入れられると想像してください。デビッド・カッパーフィールドの手品のように思えることも、技術革新に過ぎず、誰にでもできることなのです!この機能はWake-on-LANと呼ばれ、低電力状態(スリープ、ハイブリッド、シャットダウンモードなど)にあるデバイスを、リモート側にいて物理的に電源ボタンを押さなくても「目覚めさせる」ことができます。

リモートコンピュータでWake-on-LANが有効になっている場合、マシンがスリープ状態でもデバイスのネットワークインターフェースアダプタ(NIC)に電力が供給され、LANネットワークに接続されたままになります。これにより、アダプタは低電力モードでデバイスからリモートターゲットコンピュータに送信している特別なネットワークブロードキャストパケットであるウェイクアップ信号を待つことができます。このブロードキャストはマジックパケットと呼ばれ、起動させたいデバイスの固有のMACアドレスが含まれています。

ネットワーク上のWake-on-LAN信号を拾えるマシンはすべてこのマジックパケットを受信しますが、指紋や鍵システムのように、プロトコルにより、一致するMACアドレスを持つリモートデバイスのみが受信したマジックパケットを変換し、それ自体をオンに戻せることが保証されます。パケットが正常に受信されると、スリープ中のリモートデバイスのネットワークアダプタとBIOSは、マシンの起動を合図します。

システムを正しくセットアップする

リモートデスクトップソフトウェアでは、デバイスを起動させるためにマジックパケットを送信するための使いやすいプラットフォームが利用できます。ただし、Wake-on-LANを正常に使用するためには、事前に調整する必要がある設定がいくつかあります。対象のマシンでWake-on-LANを有効にするには、以下のことを確認する必要があります。

  • スリープ状態のマシンのネットワークに、少なくとも 1 つの追加のAnyDeskデバイスがオンラインになっていること。
  • スリープ状態のクライアントのAnyDeskの設定でWake-On-LANが有効になっていること。
  • リモートマシンのOSとハードウェアがWake-on-LANに対応するように設定されていること(マザーボードのBIOSで機能を有効にする必要があり、互換性のあるネットワークカードと互換性のあるOSが必要)。
  • リモートデバイスには電源が必要です。

これらの設定が正しく行われると、ネットワークAのアクティブなマシンから、AnyDeskによりネットワークBのスリープ状態のリモートマシンに起動リクエストを送信できるようになります。AnyDeskサーバーはネットワークBをスキャンして別のAnyDeskオンラインクライアントを探しますので、追加のデバイスをネットワークBでAnyDeskをオンラインで実行している状態にしておくことが重要となります。AnyDeskはこの追加デバイスにマジックパケットを送信するようリクエストし、同じネットワークBの対象デバイスを起動させます。

Wake-on-LAN用のリモートマシンの準備の詳細については、お使いのOSを準備する方法についてステップごとに詳しく細説しているヘルプセンターをお勧めします。

企業における活用分野とメリット

Wake-on-LANは、企業や従業員にとって多くのメリットがあります。たとえば、この機能により、デバイスの無人操作が簡単になります。無人アクセスでリモート操作していたマシンが、誤ってシャットダウンしてしまったり、再起動が必要になっても、大した問題ではありません。Wake-on-LANがあなたの代わりにマシンの電源を入れ直すため、別の人を送る必要はありません。

また、従業員がリモートでワークステーションの電源を入れられるため、重いエンタープライズグレードの機器はオフィスに置いておくこともできます。たとえば、勤務時間後に自宅でプロジェクトを完了したいと思っても、オフィスのデバイスの電源がすでに切れている場合などに便利です。Wake-on-LAN機能が利用できるプロフェッショナルなリモートアクセスツールを使用すれば、電源が切れたデバイスがリモートワークやリモートサポートに悪影響を与えることはありません。

Wake-on-LANにより、ITサポートが遠隔地からマシンをより良く管理することができます。たとえば、帯域幅を必要とする更新、パッチ、新しいソフトウェアが、従業員が帰宅した就業時間後に展開されることが多く、日常業務に悪影響を与えないパッチ管理やリモートメンテナンスの場面で、この機能は多用されています。

Wake-on-LANは、エネルギーコストの面でもプラスの影響を与えます。不要なデバイスは電源を切り、必要なときにリモートで再起動できるため、一日を通して電力を節約できます。さらに、この機能により、従業員の貴重な時間を節約し、在宅勤務の際、同僚が自分のためにコンピューターの電源を入れるのを待つ必要がないため、一定の柔軟性が保証されます。これは、中小企業や多数のリモートワーカーを抱える企業にとって特に価値のあることです。

Wake-on-LANをビジネスに活用してみましょう!

Wake-on-LANで社内のデバイス管理を簡単にしませんか?リモートサポートやリモートワークをより円滑に行うために、優れたリモートアクセスを保証するリモートデスクトップソリューションをお探しですか?あるいは、エネルギーコストが上昇する中、より環境に配慮したビジネスを実現したいとお考えですか?

今すぐAnyDeskの無料トライアルを開始して、Windows、Linux、macOS、Raspberry PI、FreeBSDで動作するデバイスでWake-on-LANをテストしてください。

ニュースやヒントなどの情報をお届けします